ジギングノート

ジギングで美味しい魚を、釣って食べて

また、幸導丸(富山)でタチウオジギングに行くためのタチウオアシスト作り

time 2018/10/08

また、幸導丸(富山)でタチウオジギングに行くためのタチウオアシスト作り

また、幸導丸(富山)でタチウオジギングに行くためのタチウオアシスト作り

今月末くらいにまた、富山に「刀狩り」に行ってきます。

今回は、CHACHAのテストなど、いろいろやらなければいけないことがあるので、やはりアシストフックだけは安心・安全の体制で挑みたいところです。

5連サルカンでのアシスト作成方法

5連サルカンは、私が探した範囲では、ヤマシタの5連しか見たことがありません。

ですので、ちょっとお高くなりますが、下記のサルカンを購入です。

 

ですが、このサルカン、スナップがついております。このスナップはジギングの時にはなかなかの曲者で、シャクルと外れることが多いので最初に外してしまいます。

 

やり方は簡単、ペンチで下のループをつぶして外すだけ!!

でも決して手でやらないでください。結構怪我します。

 

綺麗に外せば、あとはいつもの作り方ですね!

 

こちらマルトの鮎両掛の狐型の18号を用意して

 

インザストリームのブルーのヒートシュリンクを用意(ほかの記事はこちら

 

ヒートシュリンクをセット

 

ライターでちょっと炙れば、出来上がり!!

やはり私は、タチウオが触れたときにフッキングをしっかり決めたいのでヒートシュリンクでしっかり固定しております。

アシストフックに遊びがないことで、フッキングパワーがしっかり伝わると思っておりますし、わざと重くすることで、ジグからあまり離れないことを狙っております。

 

 

セッティングテストをしてみました。

CHACHA用に考えていましたが、場合によっては、ヒラジグラでも行けるか?

 

 

番外編 このような異質なアシストも作成可能です!!

本当に、タチウオジギングは想像力を掻き立ててくれます!!!!

筆者のお勧めサイト

カテゴリー

アーカイブ