ジギングノート

ジギングで美味しい魚を、釣って食べて

ジギングはフォールを制する時代到来?(オシアコンクエストCT発表)

time 2018/06/13

ジギングはフォールを制する時代到来?(オシアコンクエストCT発表)

ジギングはフォールを制する時代到来?(オシアコンクエストCT発表)

久しぶりにハッとする商品の発表連絡を先輩から受けHPを検索

出典:SHIMANO オシアコンクエストCT

ええ、見ての通り、オシアコンクエストに「カウンター」と「フォールレバー」がついたんです。

 

まずはフォールレバー

 出典:SHIAMNO

パーツメーカーで同様のものがありますが、やはりメーカーが出すと一体感がいいですね!これ、通常のオシコンに流用できないものでしょうか?発売されたら確認してみることにします。

 

そしてカウンター

 出典:SHIAMNO

メートル表示だけかと思ったら、速度表示も!!
フォールもリーリングも速度がわかる仕様のようです。

近年のディープタイラバでは、水深深くを思いタイラバで攻めたりするので、やはり樹脂ボディーよりも剛性がある方が楽ですからね。その点オシアコンクエストならHAGANEボディーとマイクロモジュールでストレスフリーでしょうか?

発売は、HPに200HG、201HG、200PG、201PGは2018年7月、300HG、301HG、300PG、301PGは2018年8月発売予定と書いてありました。

希望小売価格は64,000円~65,000円・・・・さすがに高い・・・

やはり個人的には、カウンターはいらないですが、タチウオ用にフォールレバーが気になりますね。

 

もう一つ、ノーマルのオシアコンクエストは300HGがパワーハンドルじゃなかったのに、なぜCTはパワーハンドルなのだ!!という愚痴もありつつ、夜が更けます。

  出典:SHIMANO

筆者のお勧めサイト

カテゴリー

アーカイブ