ジギングノート

ジギングで美味しい魚を、釣って食べて

神栄丸(由比)にてタチウオジギング

time 2010/08/08

神栄丸(由比)にてタチウオジギング

神栄丸(由比)にてタチウオジギング

本日は、小海途船長のところが、チャーターで埋まっているとのことで、仕方なく志摩でのシイラ釣りをあきらめて、由比へ美味しい太刀魚釣りに神栄丸さんに行くことにしました。

最近の釣果を確認していると、日むらがあるけどあたると指5本が出ているようで、非常に期待大です(日によってっていうのが味噌のようで・・・)

F氏と地元で待ち合わせて、まずはラーメン屋に行って腹ごしらえ
と思って入ったお店で、TGT氏にご対面(きれいなお姉さん付き)、最近の釣果を聞くとお互い幸が薄いようで、今日の釣果にも暗雲が立ち込めているような・・・

そんなことは忘れて、いざ由比へ!
由比が近づいてくると、正面には富士山が!(薄くだけどわかるかな?)

きっと縁起がよいことが起こると信じたい風景
由比の港からの景色も雄大で非常にすがすがしい気持ちになれました。
最近昼間は非常に暑いのですが、さすがに夜19時出船となると、非常に涼しくて快適です

まだまだ19時は明るいですね、日のあるうちから出船です。(冬はもっと暗かったような・・・)
漢 F氏は、夕暮れに身をゆだねて思いにふけっております。

と、このような写真を撮っていると、あっという間にポイントへ、陸が見えている(高速のすぐ沖)。水深50メートルくらいのところにアンカーをおろして掛かり釣りのような感じです。
船長が、昨日のルアーは前半だめで後半何とか活性が上がってきたら、釣れていましたよとのことで、最初は苦戦するのか?と思っていました。

F氏もそれを聞いて、ちょっとダルそうなしゃくり

そんな中、船長の期待を裏切り、最初からタチウオ(指2~2半)を連発させる管理人!。

フォールスピードをリールのスプールを締めて遅くして、その上でリアクションシャクリ(ハイピッチの3シャクリの直後に20センチほどのフォール)の連続技でしとめていきました。
カメラマンが自分だし、後で自分の写真を撮ればいいやと思っていたのが、間違いだったのですが。。。

F氏は最初つかめていなかったようで、私の方法を説明すると、魚にアピールはするのですが、ジグをさくっともっていかれていました。
前半3時間くらいが終わった段階で、餌釣り氏の方たちが釣れ始めた頃から管理人の釣果に異変が。。。

まったく当たらない、ジグに傷も付かない・・・・・
それに変わって、F氏が連発で追いかけてくる。

あせる管理人、真剣にしゃくると

サバフグ・・・・、ノー!!!! タチウオが釣れなくなった!!

ふと見るとF氏についているジグが小さい、めっちゃ小さい
管理人「F氏さん、それなに?」
F氏「シーフラワー45g」
管理人「もってねーーーー!!!!

そう、どうも本当のベイトは小さいシルエットであったのでしょう、明らかに小さいジグの方があたりが多い
管理人は後半ほとんど釣れず。。。。。。で写真なしでした。
今日は、ジグの小さいのが必要だったというのもあるが、食いが渋い状況であったのには間違いないと思われました。タチウオつりには珍しく、リーダーがほとんど傷が付かないでジグの腹の部分だけが傷が付いている。つまり、小さいジグにすることで針の位置がお腹に近いところまで行ったこともつれた要因ではないかと
後は、ロッドに無理が生じていることも懸念材料です。伊勢湾でタチウオするときは200グラムをメインを使うので、ジグをしゃくるときに竿のパワーが勝ってティップが跳ねてしまうことはないのですが、80グラムでも跳ねてしまうタックルなので、これは是非次回タックルの見直しをして挑みたいと思います。

やはり、軽いジグであってもはねさせない様に水に絡ませたタックルとシャクリが必要だなと思いました。

タックル
 スロースタイル63M+ブルーバッカー(PE1号、リーダーフロロ7号)

ジグ
 ブランカ80グラム(赤金、グリーンシルバー)
 シーフラワー80グラム(ピンクホロ、イエローホロ)
 達人具95グラム(ゴールド)のマスター改造版

 

番外編

 タチウオの泳いでいる姿を写真にとりました。背びれ?が怪しく波をうっています。綺麗ですね~。

down

コメントする




筆者のお勧めサイト

カテゴリー

アーカイブ