ジギングノート

ジギングで美味しい魚を、釣って食べて

那智勝浦で近海ジギング

time 2018/10/20

那智勝浦で近海ジギング

那智勝浦で近海ジギング

行先

過去記事になります。UPし忘れていました。

富山でのタチウオジギングが成功に終わり、家族サービス(料理提供)がしっかりできたので、今回は根魚メインで食卓を潤すということをコンセプト(交渉条件)にまた釣りに行ってきました。

今回は那智勝浦(前回は富山なので全く逆方向)に行ってまいりました。

ここら辺の串本~紀東エリアは、最近自動車道が伸びて行きやすくはなりましたが、まだまだ未開のエリアが多いので宝探し的な要素もあり楽しみなところです。

出船

当日は天候が不安定で非常に濃い濃霧の中の出船となりました。船長からも霧が晴れるまでは本命ポイントには入れないのでという話でしたので、まずは水深30mから・・・・・

って完全にスーパーライトジギングの水深ではないですか!!私が一番小さくて80gのTGベイトしかありません、途方に暮れそうになりますが、他にお客さんもいないので、まぁのんびりしましょうと開始。SSR631FBとの相性も良く誘い上げでプルプルとなるのですが、フッキングまで至りません。(まぁ、根掛かり恐れてリアアシストつけてなかったので仕方がないですが・・・)

トラブル発生(いつものやつ)

そうこうしているうちに、F工房氏とF橋氏がアカハタを1尾づつGet!!これは私も続かねばと思いましたが、全く・・・・・。霧と寝不足でだんだん眠くなり、一時休戦(睡眠)。

が、またもやお腹の具合が・・・。暑いからといって腹だして船の上で寝てはいけないということでしょうか?船にはトイレがない・・・汗。

ということで、右舷の船べりを膝裏に当てながらアウトサイドに出力しました!船長および同船者の方お騒がせしました。

ですが、まだ眠り足りず、再度就寝・・・。その間にクロムツ・金目狙いになったらしく、水深370mのポイントまで来ていました。私のタックルは100mまでを想定しており200mしか巻いていなかったので、お二方の釣りを見ながらさらに就寝(何しに行ったんだ?というお叱りはごもっともで、船長からも何しに来ているのか?と疑問を持たれていたようで・・・。)

本気で釣りをします。

ただ、そのエリアは潮が複雑で底がとり難く、かつ生命観を感じないということで、やっと本命の70~100mラインの漁礁にやってまいりました。

ついて早々、F橋氏のFKジグにヒット!!

かなりの絞り込みで大型のハタだったらいいなぁと思いましたが、そこは甘くなく

かなりいいサイズのワラサ!!

 

時をほぼ同じくして、筆者にもHit!!

SSR612RDにクイックゼロワンの200gイワシカラーのショートフォールで食い上げをしました。

が、、、、。食い上げ時に呑まれていたようで、ラインブレイク。回収するとリーダーがボロボロになっていました。(根魚のつもりだったのでリーダー12号だったんですよね・・・)

でも、やはり釣りたいということで、今度はクイックゼロワンの180g赤金にて同様に誘うとHit!!

今度はしっかりフッキングさせ慎重にファイトすると

すごい久しぶりのワラサ!!ファイトを堪能させていただきました。

その後もそのポイントは高活性で、再度F橋氏がHit!!

息の合ったプレーで危なげなくランディング

ワラサのサイズアップとなりました。

F工房氏は、筆者の家族のため根魚を本気で狙っていただき、高級魚を続々Get!オニカサゴ非常にうれしい一尾です。

筆者もウッカリを追加して、アカハタ・ウッカリ・オニの味比べができる事になりました!!

 

最終的には本数は少なかったとはいえ、クーラー満タンの釣果に大満足となりました。

(ニベっていつだれが釣ったんだっけ?寝てるときのようですね・・・・)

 

総評

やはり和歌山の特に東側は関西からも来にくく、東海エリアからもまだ遠くに感じるエリアで未開拓の部分が多分にあるエリアに感じました。勝浦まで名古屋から3時間程度で着くことを考えると、富山に行くのと比較しさほどの差があるようには感じませんでした。

餌釣りをメインにされている船も多数ありますので、このタイミングでよいエリア・遊漁船を探し当てるのもよいかもしれないです。

釣果報告でした。

 

筆者のお勧めサイト

カテゴリー

アーカイブ