ジギングノート

ジギングで美味しい魚を、釣って食べて

タチウオジギングのすすめ

time 2018/02/12

タチウオジギングのすすめ

タチウオジギングのすすめ

 タチウオジギングは、非常に魅力のあるジギングの一つであると思っております。筆者は、決して上手ではありませんがこの釣りが大好きです。
 理由は、初心者でも楽しめて、でもやりこんだ人(玄人)でもハマる程のゲーム性が高いこと、また釣って帰って食べると、刺身・天ぷら・焼き・煮・干物なんでも美味しい魚であることが大きな理由だと感じております。そんな魅力を個人的見解盛りだくさんですが、ご紹介出来ればと思い「タチウオジギング」をお勧め記事にしてみました。

ゲーム性の高さとは

 タチウオは、非常に心変わりの激しい魚です(何とかと秋の空的な?)。急に水深が深くなったり、口を使わなくなったり、色やアクション、ジグサイズの好みの差が一瞬で変化します。そのため、その変化に対応できないと同じ舷の隣同士でも「100対0」の釣果の差が出ることがあります。そんな「勝った負けた」が明確にわかり精神的(Mの方も、Sの方も)にも面白いジギング。そして個人的な工夫(カラーセレクト・アシストフック・リーダーなど)の効果が期待でき満足感も得られるタチウオジギングを紹介したいと思います。
 また、タチウオジギングは、この釣りに精通しているかどうかだけが釣果につながらない、初心者が釣り勝ってしまうことも有り得るギャンブル性の強い釣りです。

お勧めのロッド

 筆者が最初にお勧めするのは、ベイトタックルです。スピニングの方がライントラブルが少ないから初心者はスピニングからだ!という方もいますが、タチウオジギングにおいてフォールのあたり・気配をとることは勝ち組になるための必須条件だと思っております。またフォールで糸ふけが出やすいスピニングはラインブレイクの元となってしまいます。スピニングはそのあとの特殊なバリエーションとして考えて行けばいいと思います。

 ロッドは、長さが6ft~6.5ftまでのライト~ミディアムライトクラス。リールはPE1号を300mは巻けるリールかつ巻上げ速度が70cm以上がベターだと思っております。

メーカー 型番 価格
インプレッション
入門者におすすめ
DAIWA  鏡牙 63B-1.5  ¥20,700
DAIWA  鏡牙 63B-2  ¥21,000
 

 大御所ダイワさんのタチウオジギング専用ロッドです。鏡牙ブランドを立ち上げており本気度がうかがえます。ただし、鏡牙Airはマニアックにやりすぎてしまっている感は否めません。理由はタチウオジギングが圧倒的にマニアックな部分が多いことだからだと思いますが・・・  
 そのため、タチウオジギングをこれから始められる方にはあえて上位機種の鏡牙Airではなくノーマルの鏡牙(チューブラー)をお勧めします。価格も良心的ですし、操作性もよく、非常によくできていると思います。

SHIMANO SABER TUNE BB B66ML ¥17,000
 

  こちらも大御所シマノさんのタチウオジギング専用ロッドです。ダイワさんよりも早くからタチウオ用としてのブランドはありましたが、当初は微妙なところでした。しかし最新のSABER TUNEは鏡牙同様、メーカーとしての本気度がうかがわれる非常に完成度が高く初めての方でも非常に良い出来だと思います。

JACKALL ANCHOVY DRIVER LJ ADC-LJ63L・ADC-LJ63M ¥16,800
 

 こちらはバスルアービルダーとして有名な加藤さんのブランド、ジャッカルのロッドです。中島さん・吉岡さんなど起用しタチウオジギングにフューチャーしてくれる素敵なメーカーです。このロッドはグリップが太めなのと、ものすごく素直なレギュラーテーパーが非常に心地よく、へんな癖のない初心者も上級者も納得のロッドだと思います。またコスパも非常にいいと思います。

 
筆者のメインロッド
CB ONE SSR631FB TECHNICAL LIGHT ¥42,500
CB ONE SSR632FB TECHNICAL LIGHT ¥42,500
HOT’S Stiletto SLOW STYLE SSS63M(2nd Generation) ¥42,000
 

  これらは、筆者の現状のロッドです。CB ONEを使っている理由は、ジグをのせる誘い方を行うためです。このFBモデルは現状のロッドとしてはそれができるものだと思っています。
 またSLOW STYLEは、10年近く使っている相棒です。これに初代OCEA JIGGER1000Pをつけるとなぜか釣れる気がするタックルです。実際メインになることが多いです。このロッドはCB ONEのロッドに比べると張りがあってジグが飛んでしまうイメージがありますが、10年という時を経ていい具合にへたってきているのもよいのかもしれません。

 他人から見たら、かなりマニアックなんだと思います。

 おそらく鏡牙やSABEL TUNEは、市場規模が利益をとれるほどに活発化してきた(メーカーが活性させた)からこその本気度なのでしょう。だからこそ今から始める方には選択枝がたくさんある魅力あるラインナップが楽しめると思います。それとともにかなりマニアックなモデルもありますのでご注意ください。

お勧めのリール

次はリール(ベイト)のご紹介です。区分け方法はいろいろありますが、ボディが樹脂とメタルで分けて考えるのがよいかもしれません。タチウオは北陸地方では秋~冬がメインになる季節ですがその時期にメタルボディは非常に冷たく厳しいという意見もありますし、樹脂ボディでは剛性が足りずうまくジグをコントロールできないという方もいます。ただどちらも一長一短のことろはありますので、できれば釣具屋でロッドとリールをセットで確認し握り心地も含めて気に入るものを選んでみてはと思います。

メーカー 型番 価格 巻取
入門者におすすめ
PURE FISHING  Abu Garcia
SALTY STAGE
REVO LJ-3
 ¥28,000 87cm
 

 メーカー希望の70%くらいで購入できるので、これから始める方にお勧めなリールだと思います。軽さはそれほどではありませんが、ビックラウンドEVAノブで非常に快適なリーリングが可能です。
 樹脂ボディなので剛性は少し不足していますが、ロープロファイルであることも含めて非常にコスパが良いリールだと思います。
 筆者も、まだ現役利用しております。
 自重 295g

 画像:pure Fishing HP

 SHIMANO  GRAPPLER CT 150HG ¥27,500 70cm
 

 こちらは、ちょっと特殊なリールとなるとこれになるかと思います。これはカウンター付きのリールで今どの水深を探っているのかが、わかるリールです。
 ただ筆者はタイラバ以外でカウンターを見ながら釣るのは非常に厳しいと思っております。理由はシャクっている間にカウンター見れないし当たったら巻き合わせするし・・・・・
 とはいえ、初めて釣りをされる方などでPEの色と水深が無意識にリンクしない方には非常に安心する機能ではないでしょうか?
 自重 200g

 

DAIWA キャタリナ BJ 
100SH(200SH)
¥34,000 81cm
 

 こちらはDAIWAの「ソルティガ BJ」の廉価版に当たるモデルになるかと思います。ですが、さすがはダイワさん基本機能はしっかり詰め込んでいるので使っていて困ることろはないはずです。表記上の自重はこちらのが軽くなっておりますが、おそらく100SHのハンドルが「ラージI型」と「パワーライトM」との違いかと思います。タチウオは青物程ひかない魚ではありますが、ハンドルはぜひパワーハンドルに変えることをお勧めします。理由は、回収の楽さとタチウオが連続ヒットしている時の手首の負担軽減のためもあります。
 自重 280g(295g)

画像:DAIWA HP

       
マニアな人が選ぶのは
DAIWA 鏡牙 
100SH
¥45,000 81cm
 

 こちらもDAIWAさんのタチウオ専用モデル「鏡牙」ブランドのリールです。紫のイメージカラーがタチウオへの意気込みを感じられます。マグシールド(※1)・ATD(※2)は非常に魅力的な機能だと思います。
 ただ、筆者の主観としては、ジグは非常に低価格に抑えていただけているのですが、このリールは個人的に高いです。機能や質に対して高いといっているのではありません。筆者はタチウオジギングの際最低3本は持ち込みたいと思っておりますが、タチウオ専用で3台購入するには高いです。であれば同価格の別のリールを選択し青物・根魚と共用したいところです。
 ただ、年中タチウオしかやらないよというマニアな方には、最適なリールかもしれません。
 自重 300g

画像:DAIWA HP

 SHIMANO  OCEA CONQUEST 
300HG
¥54,000 84cm
 

 筆者はこれを選択しております。タチウオ用には高いリールだと思います。しかし通年(タチウオ・マダイ・根魚・青物)に使えるリールであることを考えれば、「HAGANEボディ」の剛性と「マイクロモジュールギア」のシルキーな巻き心地はタチウオでの繊細かつ強引な釣りにあっていると思います。
 自重 345g

       

お勧めPEライン

 ラインは、PE1号をメインに考えておけばどのエリアでも釣りになると思います。ラインが細すぎるとライントラブル時の高切れが発生しやすいですし、太すぎると潮に流されたりラインマーカーが噛まれて高切れしたりします。
 実際のものとなるとPE1号でよければ高級なものを選ぶ必要はありません、もし釣行回数が多くなりそうでしたら、1200mのものを買うとトータルのコストが安くなると思います。筆者は昔のパワープロ1号が余っていたのでそれをまだ使っているくらいですが、ライントラブルとかは一切ありません。タチウオの場合には後述するリーダーのほうが注意すべきところだと思います。

 現在買えるもので考えると
 バークレー スーパーファイヤーライン カラード 1200m 16lbs
 サンライン SaltiMate PE JIGGER ULT 4本組スローピッチジャーク専用 1200m 16lbs
 あたりが、ネットでの価格で12,000円から15,000円あたりなので、200mや300mで購入するよりかなりコスパがいいと思います。

お勧めのメタルジグ

メタルジグの種類としては、センターバランスとリアバランスの2タイプは抑えて欲しいところです。今流行のスパイ系のジグは使い方に癖があるので、 まずはタチウオを釣ってからバリエーションとして考えては如何でしょうか?

製品名 メーカー コスパ センター フロント  リア  特徴
鏡牙ジグ ベーシック

DAIWA    

コスパ最高
コーティング厚め
ベーシックの名の通り使いやすい
ワンピッチジャークがお勧め

ヒラジグラ

SAURUS Train  

フラッシング効果大
ハードコートモデルあり
ただし店頭販売が少ないので中古メイン?
ワンピッチジャークがお勧め
※個人的に使用頻度が高い

メタルフォーカス

SMITH    

カラーラインナップが豊富
ヒラヒラと落ちるアクションが特徴
タチウオ以外でも大活躍
※個人的に使用頻度が高い

C1

CB ONE    

フラッシング効果大
コーティング薄い
手軽に手に入るが高い
スライドする距離がちょっと長いので使いにくい
タチウオ以外でも大活躍
※写真はリメイクのため、これと同じカラーやアイはありません。

タチューム

SMITH    

フォールで大活躍
コーティング薄い
ボディにアシストが付けれる
鳥羽で培ったカラーラインナップ
使い方に少し癖がある

メジューム

SMITH    

ナチュラルなシルエットに反応している時にお勧め
タチウオ専用カラーは少な目
タチウオ用バージョンもあるがウエイトが足りない
タチウオ以外でも大活躍

ブランカ

YO-ZURI    

後方重心でタチウオのレンジまで一直線
スーパーハイピッチで釣れる特殊条件あり
タチウオの限定カラー(タチウオSP)あり

カラー選択

タチウオは時として色に対して非常にセレクティブになります。それは、日単位・潮単位ではなく非常に短時間で変わることがあります、タチウオジギングはその流れに乗れるか?というのも釣果を伸ばす需要な要素の一つとなります。私のカラーセレクトの基本としては下の表となります。

条件 カラー 備考
基本選択 金黒・赤金・緑金

船頭お勧めカラー

 基本的に釣行前に船頭さんに連絡して状況を確認してください。カラーやウエイトなどの情報は必ず聞いたら教えてくれます。ただタチウオの特性上絶対釣れるカラーはなどということは言いません。あくまでお客さんがよく使っているのはこれですよと言いますが、船頭は基本確信を持って言っているはずです。
 それでも教えてくれない場合には、ゴールド系を持っていくことをお勧めします。

澄潮

シルバー系

 個人的には潮が澄んでおり、イワシ系の補色をしていると思われる場合に使うことが多いです。
 特殊な場合だと、タチウオ共食いパターンの場合にはオールシルバーが圧倒的に釣れることがあります。

濁潮 蛍光ピンク
ソリッドピンク

 筆者も経験しましたが、このピンク系は持っていないと非常に後悔することがあります。特にソリッドピンクに至っては圧倒的にアクションではどうにもできないくらいの釣果の差をもたらすことがあります。

夜間 夜光(グロー)系
ソリッドピンク

 スレるのが速くなるという方もいますが、夜間でイカなどを捕食していると思われる場合には非常に有効なのがグローです。特に夜間最初のポイントでの1投目に落とすことが多いジグです。

日中 パープル系
ピンク系

 パープルは、タチウオの代名詞ともなっているカラーです。他の魚種ではまず使うことがないカラーで、ダイワの鏡牙ブランドのイメージカラーにもなっています。タチウオには非常に有効なカラーで、ボックスに入れておかないと気持ちが落ち着かないカラーです。

特殊要因 チャート


 チャートに関しては、他の魚種でもありますが圧倒的に釣れる場合があります。私の経験上は1回しかありませんが、他のカラーでは全くダメでこの色しか釣れないということがあります。
特殊要因 ブラック

 ブラックに関しては、全盛期の鳥羽のタチウオジギングで3個連続底をとる前に切られるなど個人的な思い入れの強いカラーで、筆者の最大サイズを釣った色でもあります。鳥羽以外にも焼津・富山でパープルよりブラックという条件があります。最近は各メーカーもブラックをラインナップしていますが、昔はタチュームくらいしかなく、ブラックカラーの自作もしていました。

アシストフック

 アシストフックは、まだタチウオジギングの業界で正解が出ていない部分だと思っております。上下にトレブルフックをセッティングする場合や、ワイヤーアシストで組む場合などありますが、共通点はバーブレスであることです。これは、吸い込み系のバイトをしないため、触れたら捕るをいかに実現するかで落ち着いた共通点ではないでしょうか?

 筆者のお勧めはリアにトレブルフックで、フロントはダブルフックでの仕様となります。製作記事も載せてますのでそちらもご覧ください。

 ボラ両掛のフロントアシスト

 鮎両掛で作るフロントアシスト

リーダーセッティング

 リーダーはこだわりが出せるところの一つだと思います。ただバリエーションとしては3タイプくらいでしょうか?
 長さとしては、3m~6mでその時の状況など考えて調整となります。

 1)「通し」フロロリーダーを10号~12号

 2)「先糸」フロロリーダーを4号~5号に先糸フロロ10号~12号(50cm程度)を繋ぐ

 3)「メタル」フロロリーダーを4号~5号に先糸にメタルライン6lbs~8lbs(30cm程度)を繋ぐ

 筆者のおすすめとしては、2)となります。コスパもいいですし、操作性もよいです。3)は実際一時期やっていましたが、高活性の時には差は感じられませんでしたが、どうも食い渋ってくると見切られているような気がします。

 各リーダの作り方・説明などはこちら

 お勧めのリーダー素材

 ラインは各社出しているので列挙します。

メーカー 型名 価格
シーガー 船ハリス(100m) オープン価格
  フロロカーボンで有名なシーガーの船ハリスです。安心安定の製品品質ですので文句なく使えます。
また100mなのでコスパは非常にいいです、号数にもよりますが2000円以下で購入できます。

船ハリス

DUEL 船ハリス(100m) オープン価格
 

こちらも船ハリスです。こちらは漁業専用と書かれております。ということは職業の方にも安心して使ってもらえる品質を持っているということになります。筆者は昔は「釣り用」>「漁業用」とあらぬ噂で手を付けておりませんでしたが、使ってみて何も問題ありませんでした。号数にもよりますが2000円以下で購入できます。

DAIWA 太刀メタル パープル(6m) ¥2,000
 

こちらはメタルラインとなります。もとはグレメタルという磯でのグレ釣り用のハリスのカラーを変えたもの?だと認識しています。筆者も昔は使っていましたが、結合がめんどくさいことと、糸よれがひどくなることがあるので使わなくなりましたが、メタルジグのロストが怖い方や高活性の時では活躍すると思います。

先糸バージョンのリーダの繋ぎ方

 「先糸」バージョンのリーダーの繋ぎ方は別記事(タチウオジギングのリーダについて)でご紹介します。

 

基本のシャクリ方

①ワンピッチジャーク
 こちらは言わずと知れたワンピッチです。説明は不要と思いますが、、ロッド1しゃくりに対してリールを1回転させます。ただ、ロッドを上げるときにリールも同時に1回転させるバージョンや、ロッドの下げでリールを1回転させる方法でジグに伝わる内容が大きく変わります。

②高速リーリング&ジャーク
 こちらは焼津でよく見かける釣り方です。高速でリーリングを10回転程させて急停止させる方法と、①のワンピッチを尋常ではない速度で行う方法です。筆者もこれ以上早くリールが回せないという速度まで回して止めた時にタチウオが止まり切れずにバイトするような状況を何度か経験しております。

③ハーフピッチジャーク
 ワンピッチでは移動距離が長い場合に行います。このハーフピッチもどの位置を始点にするかでアクションが変わりますので、是非実釣で試してみてください。筆者は手前始点がベーシックです。

④変速ワンピッチジャーク
 筆者が一番使う方法です。タチウオのバイトをわざと誘発して狙ったところで食わせるためのジャークです。基本は、3ワンピッチ→竿のふり幅半分フォール→1秒ステイの繰返しです。この半分フォールもしくはステイの間に喰ってくることが多いです。

⑤ロングリフト&フォール
 現在勉強中です。この記事には書いていませんが、鏡牙セミロングやSPY-Vなどのセミロングジグを使った釣り方です。約2秒程度で竿を水面から真上まで振り上げながらリールを1回転させ、その後ロッドを再度水面まで戻します。この際、テンションフォールにするかフリーフォールにするかでジグのアクションも変わりタチウオへのアピールも変わります。

便利な小物

 タチウオジギングでは、必ず必要な小物が2つあります。

一つ目はこちら

もちろんプライヤーです。スプリットリングを開くことにも使いますが、タチウオからフックを外すのにも使います。これを使わずに手で外して、流血事件になっているのをたまに見かけますが、タチウオの歯は、カミソリという方もいますが私は、カミソリの薄さを持ったパンナイフみたいな感じです。ですので、血が出たらしばらく止まらないと思いますし、思っていた以上に血が出ます。

メーカーは好みだと思いますが、必ずロングノーズモデルを購入してください。長いと口のなかでフッキングしていても外すときに困りません。

二つ目はこちら

タカ産業の太刀ばさみ(V-76)!(※今はモデルチェンジしてるみたいです。V-76Ⅱ 太刀魚ドラゴンホールド
こちらは、タチウオを捕まえるために使います。鱗がない魚ですので、傷めずにかつ手も汚さずスピーディーにフックを外し次の投入につなげるためには必要なアイテムです。釣りから帰ってきてトップの画像のようにクーラーいっぱいのタチウオを台所で選別するのにも使います。正直タチウオいっぱいのクーラーに素手をいれることは、必ず当たる罰ゲームみたいなもので非常に危険です。1,600円程度で鮮度を保ち、怪我を防げるなら非常に安い買い物だと思います。

筆者は以前、ABS樹脂のアジつかみを流用しておりましたが、正直言って魚をつかむところのアールで滑りますし釣行後のにおいが気になりますが、ステンレスのこいつなら何も問題ありません。少々のカッコよさより、実を取ることをお勧めします。

クーラーの選び方

 タチウオジギングに行く際には、ぜひ長いクーラーボックスを選んでください。
理由としては、やはりタチウオを綺麗に持って帰りたいからです。ドラゴンサイズになると120cm以上になることがありますが、指3(F3)クラスでも80~90センチあります。そのため通常の40L程度のクーラーですと完全に魚体が曲がってしまいます。その後の調理も考えると是非大きめの長いクーラーをお勧めします。

こういう形状のクーラーは、タチウオが曲がってしまって、帰宅後調理しようと思ったときに丸くなって硬直してしまい、非常に残念なことになります。
いくらなんでも大きすぎないか?と思う方も多いと思いますが、ぜひ長いクーラーボックス(最低内寸70cm)くらいを用意していただきたいと思います。
また各メーカー同一サイズでグレード(保冷力の差)があります。冬専門でしたらそれほど気にする必要はありませんが、夏タチもされる方はミドルクラスより上(メーカー希望価格だと¥50,000円以上)のものを選ぶのが後で後悔しないのではないかと思います。

 DAIWA  トランク大将Ⅱの50L ビックトランクⅡ80L

画像
 SHIMANO スペーザ45L 60L

お勧めのエリアと遊漁船

 各地いろいろなポイントがあり、特徴は行ってみないとわからない部分がありますので、筆者が行ったことがある海域について記載いたします。
 各地いろいろなところでタチウオは釣れますが、東海エリアでは基本的には深い(水深200m)ラインが近くにある湾内で河口が近くにあるところが有望なエリアだと思われます。ジギングの釣果情報がなくても餌では出船しているなどの遊漁船もあると思います。そういうところは相談すれば相乗りできることも可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

お勧めエリア・遊漁船のご紹介

最近のお勧めは、富山(射水)と静岡(焼津・由比・沼津)です。各々の特徴をご紹介します。
こちらに記載のエリア・遊漁船は筆者がお世話になっているところ・興味があるところをまとめます。

遊漁船 特徴 シーズン

富山県
射水
幸導丸

 特にこのエリアで楽しめるのが数釣りです。指3~4本を50本以上釣ることも可能です。神通川・常願寺川・庄川の河口沖(数百メートル)に群れるタチウオを狙って船がタチウオの群れを追いかける形でバーチカルに釣ります。
 海域の特徴としては、潮が速すぎたり、二枚潮になることは体験したことがありません。水深は130mラインで釣りをしますが、日の出前は60mから日の出後は120mライン程度まで下がります。
そのため、ジグウエイトは130gから160gくらいが基本選択になると思います。
11月~12月

静岡県
焼津
橋安丸

  このエリアは非常に有名なところで、通年タチウオが狙えます。海域も30分ほどでつくことがほとんどです。時期によってはドラゴンサイズ指5以上が狙えるタイミングもあるので非常に有望です。
 ここの特徴は水深の変化が激しいことです、夜は30mから突然日が昇ったとたん水深200mラインまで落ちることがあります。ラインは300mは巻いておいてください。

 

静岡県
由比
神栄丸

  このエリアは時期によって遠征(沼津くらいまで)もするので注意が必要です。駿河湾が広いこともありますが、東は静浦から富士川河口まで広く釣れるところに行く方針です。爆釣することも多いです。装備として冬には温水が各席にあったりと船が充実しております
 ただ、釣れているエリアによっては海域まで1時間半のクルージングということもありますので苦手な方はこれ以降に記載するそれぞれのエリアの船がいいのかもしれません。
 

美味しく食べるためにするべきこと

 絶対に冷やしてください。冬がメインとはいえ、魚は傷みやすいものです。できれば血抜きをしておくとより美味しくいただけます。

 執筆中・・・・・・・

筆者のお勧めサイト

カテゴリー

アーカイブ